※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

スマホがあればパソコンは不要?それぞれのメリットとデメリットも紹介

その他
広告

「スマホがあればパソコンは不要」という考えを持つ
スマホ派が増えつつあります。

しかも、スマホ派の多くはパソコンを持っていても
滅多に使わないらしいし、逆に使いにくいらしいですね。

たしかに、スマホがあれば大抵のことはできますし
カメラやビデオカメラもスマホがあれば代用できてしまうので
確かに、スマホ以外はいらない感じがします。

本記事では、本当にスマホがあればパソコンは不要なのかや
スマホやパソコンのメリットやデメリットについてお伝えしていきます。

スマホがあればパソコンは不要なのか?

ブロガーとユーチューバーの二つの副業をこなしている筆者ですが
スマホだけでは、ブログや動画配信までできません。

確かに、ネットで何らかの情報を調べるために使うだけなら
スマホで十分ですし、逆にパソコンは必要ないでしょう。

 

それでは、スマホだけ持っていても困らない人は
どういう人なのかを、紹介していくことにしますよ。

スマホだけ持っていても困らない人の特徴

スマホだけ持っていても困らない人は
以下のような特徴を持っています。

・メールしかしない
・情報を調べることだけに使う
・SNSを利用するだけ&ちょっとした文字入力
・休憩時間中に電子書籍を読むだけにしか使わない

 

以上のようなことにしか使わない人は
特にパソコンでなくてもできる作業です。

なので、パソコンがなくても全く困りませんし
あったとしても使うことがほぼないでしょう。

確かに、メールだけしかしない場合は
パソコンよりもスマホでやったほうが速いかもしれません。

スマホなら、メーラーを開いてメールを送りたい人に
メッセージを送るだけなので、別に複雑な作業は不要です。

 

スマホは常に電源が入っているし
どこでも使えるため利便性が非常に高いと思われているのでしょう。

保険屋の営業マンもノートパソコンからタブレットに変化

昭和から生きている人なら知っていると思いますが
保険屋の営業マンは、最初は何も持たずに自宅まで営業に来ていました。

ノートパソコンを使う保険屋もじわじわ増えてきたのですが
時代は、スマホやタブレットに変化してから
保険屋の営業マンたちは、タブレットを使うようになったようです。

 

じつは、ノートパソコンよりもタブレットのほうが使いやすく
ノートパソコンと同じ性能を持っているならタブレットのほうが効率が良い。

まず、ノートパソコンよりも軽いので持ち運びは楽ですし
タブレット本体は薄いので、かばんもかさばらないメリットもあるのです。

ただ、タブレットはスマホを平べったく大きくしただけで
タブレットでも電話ができます。

まあ、パソコンでも「スカイプ」をインストールすれば
無料通話が可能なんですが、それを知らない人は意外に多いのです。

 

それくらい、スマホやタブレットの利便性は
パソコンよりもはるかに上になったのだといえるでしょう。

パソコンができることって本当にスマホでもできる?

結論から言えば、パソコンでできることで
スマホにできないことはまだまだ多いです。

確かに、スマホでブログを作成できますし
文字入力をして投稿も可能でしょう。

 

しかし、スマホで長文を入力するのは向いていないので
どうしても長文の文字入力はむつ核感じてしいますね。

ツイッターなどの140文字以内なら
スマホでも文字入力は苦になりません。

ですが、1000文字以上となると
スマホで入力しようと思えば根性が必要になるでしょう。

さらに、パソコン専用のゲームをプレイする場合は
スマホでは当然できないので、スマホではできないこととなります。

 

「スマホがあれば十分」と言っている人は
そういうパソコンの深い世界を知らないのかもしれません。

パソコンがなくては困るという人の特徴

パソコンがなくては困るという人の特徴は
以下の通りです。

・ホームページを作成する人
・プログラミングをしている
・画像を編集する人
・動画を作成し合成音声も利用している人
・ブログを副業にしている人
・ライターを副業にしている人

 

パソコンがなくては困るという人の多くは
細かい作業を求めている人が多い感じがします。

ホームページを作成する人やプログラミングをする人など
細かい部分も作りこんでいき形にしていくので
スマホでは難しい作業だといえるのかもしれません。

逆に、ホームページ作成とプログラミングは
スマホでは難しいと思われます。

 

画像を編集するといっても簡単なカットや
サイズ変更ならスマホでもできます。

ただ、無料でできる範囲はスマホの場合
制限が多すぎるように思えてなりません。

しかし、パソコンのフリーソフトの場合は
有料級の画像編集ソフトが配布されているので
無料ソフトを使ってプロ並みの画像を編集することもできるでしょう。

スマホでも動画撮影や編集ができるようになりましたが
排熱性が悪いので、熱を持ちやすくなります。

そうなると、バッテリーのヘリも激しくなりますし
なによりもスマホの寿命を大幅に縮める結果になるのです。

スマホでもパソコン並みに動画編集ができるアプリもありますが
凝った動画になればなるほど、スマホは過熱しやすくなります。

また、スマホの容量によっては
途中でフリーズして動かなくなる可能性も考えられます。

 

スマホで動画撮影をする場合は
簡単な動画しか作れないので現在はスマホだけの動画作成は
再生数すらも取れないことのほうが多い感じです。

ブログを作成するにしてもWEBライターをするにしても
長文を入力しないといけないのでスマホでは難しいといえます。

たしかに、スマホで長文の文字入力ができる人もいるかもしれません。

しかし、そういうスマホで長文化入力できる人は、本当に一部の人だけなので
自分にできないなら、おとなしくパソコンを買って
ライターやブロガーとして仕事をするべきだといえます。

とはいえ、商売道具にお金をかけられない人が
ブロガーやライターになったとしてもお金を稼げるとは思えませんがね。

スマホのメリットとデメリットを紹介

「スマホがあればパソコンはいらない」と答える人は
とても優秀なスマホを所持しているのでしょう。

確かに、スマホは目的に応じたアプリが豊富にラインナップされており
ナビとして使ったりカメラ撮影に使ったり映像撮影に使ったりなど
色々便利に使うことができるのが特徴的ですね。

 

スマホはパソコンと同じような作業ができるので
「パソコンはいらない」と考える人もいるかもしれませんね。

次は、スマホのメリットとデメリットについて
お伝えをしてきましょう。

スマホのメリット

スマホのメリットは、思いつくだけでも
かなりたくさんあります。

スマホのメリットの一部ですが
メリットは以下の通りです。

・外出時でもサッと使用できる
・高画質なカメラ撮影ができる
・映像を撮影できる
・ゲームをプレイすることができる
・ネット検索が可能
・動画投稿などSNSを簡単に利用できる
・目的に応じたアプリが豊富にある

 

スマホは外出時でも使うことができるので
目的に応じたアプリをインストールし
いつでも使うことができます。

たとえば、カメラ撮影をしたくなったら
すぐに記念撮影ができたりします。

ほかにも、動画を撮影することもできるので
運動会で活躍する子供の姿を撮影するという使い方もできます。

筆者が子供のころは、大きなビデオカメラを片手に
子供の姿を撮影する親御さんは多かったです。

今では、スマホで動画撮影も珍しくありません。

 

スマホのカメラ機能も、デジカメに迫るほどの性能なので
デジカメもパソコンと同じく「いらない」と考える人もいるでしょうね。

スマホのデメリット

スマホはメリットも多いですが
デメリットも結構ありますね。

次はスマホのデメリットについて
紹介をしていきましょう。

・パソコン用のゲームはプレイできない
・長文の文字入力はさすがに疲れる
・排熱性が悪いので長時間の動画撮影には向かない
・バッテリーの減りに注意しないといけない
・画面が小さい

 

スマホにもスマホでしかできないゲームがありますが
パソコンにもパソコンにしかできないゲームがあります。

たとえば、ソウルワーカーというネットゲームをスマホでプレイしようとしても
ストアを探しまくっても、そんなアプリはありません。

しかし、パソコンでは、ソウルワーカーというネットゲームは
実在するのです。

たしかに、荒野行動といったゲームはスマホ版もありますし
原神というゲームもスマホ版があります。

そういうゲームばかりではないということを
筆者は言いたいのです。

 

スマホでもブログの投稿ができますが
長文を入力しようと思うと結構時間がかかりますし疲れてしまいます。

パソコンの場合は、慣れていればタッチタイピングで
カタカタ打ち込めば、数分で1000文字をタイピングできてしまうのです。

スマホだと、1000文字を入力するのが
慣れていないと結構疲れてしまいますね。

スマホは排熱性が悪いので、熱を持ちやすいです。

動画を撮影し続けると、スマホはかなり熱を持ってしまうので
長時間の動画撮影には向かない感じがします。

また、熱によってスマホの寿命を
大幅に縮めてしまう可能性も否定できません。

筆者のような「おじさん世代」にとっては
スマホの画面は小さく文字も読みにくいです。

 

やはり、パソコンのほうが画面が大きく見やすいので
パソコンのほうが良いと思ってしまいますね。

まあ、タブレットも画面が大きいので同じ作業をするなら
スマホよりもタブレットのほうが良いかもしれません。

パソコンのメリットとデメリットを紹介

スマホにもメリットとデメリットがありましたが
パソコンにも、メリットとデメリットがあります。

次は、パソコンのメリットとデメリットについて
お伝えをしていきます。

パソコンのメリット

パソコンが必要だと感じるのは
別にプログラミングをする人だけではありません。

パソコンの性能や耐久性などにメリットを感じて
スマホよりもパソコンを選ぶ人もいるのです。

パソコンのメリットについては
以下の通りです。

・画面が大きいので作業効率が上がる
・処理スピードが速い
・拡張性が高い
・長文の文字入力をしても疲れにくい
・容量が大きい
・排熱性が高いので負荷の高い作業も耐えられる

 

スマホよりもパソコンの画面は大きく
文字も見やすいです。

画面の話になると、タブレットの話に論点をすり替えようとする人もいますが
今回は、あくまでも「スマホとパソコン」についてなので
タブレットの話は、割愛させていただきます。

パソコンはスマホよりも性能が高い場合が多いので
処理速度も速いです。

また、デスクトップパソコンの場合は拡張性が高いですが
ノートパソコンもそれなりに、拡張性がありますね。

 

スマホの場合は、拡張性はないですが
周辺機器を取り付けたりアプリを増やすことで
できる機能が増えますが性能アップはしません。

パソコンの場合は、長文の文字入力がやりやすいです。

さらに、インストールできる量も
かなり多く感じられます。

ノートパソコンはデスクトップパソコンに比べて
排熱性は低いですが、それでもスマホと比べると高いほうだといえるでしょう。

パソコンのデメリット

パソコンのデメリットに関して
余り思いつきませんが、以下のような感じになります。

・コンパクトではない
・スマホよりも重量がある
・機能は制限される

 

パソコンはどんなに小さいモデルでも
手軽に外に持ち出すことができません。

たとえば、ノートパソコンの場合はバッテリーで動かせますが
それでも、マウスはあったほうが使いやすいでしょう。

最近では「2in1」と呼ばれるノートパソコンのような
多様性のあるパソコンが増え始めています。

2in1とは、2つの要素が統合・一体化された製品のことで
ノートパソコンでありながら、ディスプレイを取り外すと
タブレットのように使えるというパソコンです。

 

2in1型のパソコンを除けば
スマホと比べて、持ち運びが楽とは言いにくいといえます。

「機能に制限がある」と記載しましたが
これは「カメラ機能がない」という意味です。

誤解してはいけないのが、パソコンでも
実は電話をかけることができます。

「スカイプ」というアプリを使い
固定電話などと通話ができるのです。

スカイプからスカイプへの通話は無料ですが
スカイプから固定電話に電話をする場合はお金が発生します。

固定電話に通話するという場合は
月額プランが必要になります。

 

結局、スマホがあればパソコンは不要なのか?筆者の見解を言ってみる

Photo

結局、スマホがあればパソコンは不要なのかと言えば
「そうでもない」というのが筆者の見解です。

ただ、スマホもパソコンも必要な時に使い
不要な時はどちらかをシャットダウンさせておけば良いでしょう。

 

筆者の場合は、外出時にスマホを主に使い
家にいるときはパソコンを主に使うようにしています。

基本的に、筆者のスマホは「電話をする」「暇つぶしをする」の
2つの行為しかしないので、逆にスマホはあまり意味がないかもしれません。

パソコンはブログ投稿や動画配信をするために必要なので
筆者は「パソコンは必要」と考えていますね。

まあ、スマホとパソコンを、うまく使い分けをすれば
「どちらかが不要」とはならないのではないでしょうか。

 

片方に苦手意識があるため、苦手なほうを「不要」と考えるのは
ちょっと違うと思いますけどね。

まとめ

スマホがあればパソコンは不要なのかといえば
そうでもありません。

ただ、情報を検索するだけに使うなら
スマホだけでも十分だといえます。

 

たまにゲームがしたいという場合でも
スマホがあれば、ゲームも楽しめるので
特に困ることはないでしょう。

しかし、ブログや動画なども配信するという場合は
パソコンは、あったほうが役立ちます。

なので、「どちらかが不要」という考えではなく
使い分けをして、スマホとパソコンのメリットデメリットを補い合えば
どちらもフルに活用できると思うのです。

タイトルとURLをコピーしました